住宅ローン借り入れ審査で重要となる年収とは?

年収が住宅ローンの借り入れの際に大きな影響があることが知られています。
借り入れ額の総額そのものも重要ですが、返済計画における年間返済額と年収の比率が非常に重要視されます。
場合によっては希望した借り入れが受理されないことがあるため注意が必要です。
たとえば年間500万円収入のある人が住宅ローンを組んで、年間の返済額を400万円にしたいと考えたとしましょう。
その場合、この人は総収入の80%を返済にあて残りの100万円で生活することになります。
これではあまりに非現実的で、すぐに生計が破たんしローンの返済ができなくなることが予想されます。
そのためこういった無理な返済ができないように審査をしているのです。
たとえば年収400万円のひとは年間返済額は30%の120万円以内に、600万円であれば年間返済額は35%の210万円以内といった要領です。
ローンの種類や金融機関によって年間返済額の割合はさまざまですが無理のない現実的な返済ができるよう設定されているはずです。