レーザー治療で消えないしみもある?

レーザーによるしみの治療は、専門の医療施設や美容クリニックで受けられますが、場合によっては治療効果が薄いこともあります。
レーザーを使ったしみ治療は、肝班という身体の状況でできるしみの治療には弱いといいます。
女性に肝班が多いのは、肝班が女性ホルモンと関係があるためです。
レーザーを用いたしみ治療より、肝班の場合は医師から薬を出してもらい、それを飲み続けるという方法が良いと言われています。
しみの原因には肝班の他、太陽の光で肌が刺激を受けた場合もあります。
いずれの場合も、ビタミンCを摂取することによってしみを小さく薄くすることが可能です。
医療機関でビタミンCが出されることもあります。
老化現象の一環としてできる老人性のしみの場合、レーザー治療を何回も行っても消えないことがあります。
しみ対策に悩むあまり、いろいろなしみ治療法を試すという方もいます。
しみを根こそぎなくすことは、ほぼ無理といっていいでしょう。
老化は止めることはできないので、しみ治療に神経質になりすぎないことも時には大切です。
シミ消す化粧品ランキング!口コミは?【市販でシミを消す方法】