ネット証券の手数料を比較してみる

企業が広く投資家から資金を調達するために、社債や株式を発行する事はよく知られています。
しかし一般の投資家が買えるのは、上場されているものだけです。
東京証券取引所のような取引所で取引されていない、つまり上場していない株式は、非上場株式と呼ばれます。
これは社長やその親族などが所有しているのですが、これを、もっと不特定多数の多くの人達に出資してもらうために取引所で売る事ができるようにするのが、新規株式公開です。
この新規公開株の事をIPOと呼び、英語ではInitialPublicOfferingといいます。
IPO銘柄が投資家に人気なのは、取得の際手数料がかからない点、売り出し価格である公募価格は割安な場合が多く、後の値上がり益を狙える、などの理由です。
特に上場直後に株価が勢いよく値上がりする事も多く、人気銘柄は公開前から賑わいを見せています。
http://xn--9ckkn6335a41q9jehi335bqv0eu8j.skr.jp/